So-net無料ブログ作成

英雄を謳うまい ほか [新刊情報]

いきなりでごめんなさい、ブログ引っ越しました~。でも、内容はいつもどおりに本日の気になる新刊本情報です(笑) 今日はビックリはないけど、ニンマリする人はいるかなってところで。
 
 

英雄を謳うまい (村上春樹翻訳ライブラリー c- 10)

  • 作者: レイモンド・カーヴァー
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
まずはこちら、<村上春樹翻訳ライブラリー>もこれで10冊めですね。さすがに順調~。内容は「来るべき作品世界を暗示する最初期の習作群、単行本未収録の詩、自作を語るエッセイや本の序文、書評、死を目前にした最後の散文まで。作家カーヴァーの起点と終着点を結び、主要なコレクションを補完する作品集。」ということです。
 
 

あなたに不利な証拠として

  • 作者: ローリー・リン・ドラモンド
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 文庫
こちらはポケミスからの文庫化ですね。5人の女性警官の読ませるミステリってことで、「2006年『週刊文春』ミステリーベスト10 第1位」「2007年版『このミステリーがすごい!』 第1位」「アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀短篇賞受賞」という華々しさ。けっこう話題になっていたんで、気になってるうちに時が流れちゃった方にはチャンスですね。内容は「厳しい現実と闘い、苦悩する五人の女性警察官たち。大反響を巻き起こした傑作短篇集。」ということです。
 
 

カリフォルニア・ガール

  • 作者: T.ジェファーソン・パーカー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 文庫
こちらは単行本からの文庫化。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作品ということで、こちらも気になっていた方にはチャンスですね。内容は「オレンジ出荷工場の廃屋で、首を切り落とされて殺害されたジャニル。幼い頃の彼女を知るベッカー家の三兄弟は、それぞれの立場で事件の闇に踏みこんでいく。ニックは捜査を指揮する刑事として。アンディは取材にあたる記者として。デイヴィッドは彼女を助けていた牧師として。ジャニルの、そして少年時代の記憶をたゆたいながら、やがて見つけた真相は――」ということです。
 
ということで、本日は以上です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。